夏本番!怖い話で涼しい気分を味わいませんか?

夏本番!

今日は気温が35℃を超える猛暑日の地点もあるとか。

 

スポンサーリンク

 

一方北海道は20℃そこそこで、とても過ごしやすいです。

そんな私から溶けそうな気温と戦っているみなさんに少しでも涼しさを届けられるのであればと、怖い話を一つ用意しました。

心臓の弱い方はペースメーカを埋め込んでからごらんください。

 

みなさんはSNSをやられていますか?

FacebookやTwitter、instagramなど何か一つくらいはアカウントをもっていることでしょう。

そんなSNSにまつわるお話し。

 

SNSの中でもその情報の拡散能力が絶大なTwitter

このブログにも私のつぶやきが埋め込まれていますが、みなさんも一つくらいはアカウントをもっていることと思います。

中にはアカウントを複数有して使い分けているなんていう人も珍しくないでしょう。

 

この情報の拡散力を利用して宣伝や顧客とのコミュニケーションを図るため企業アカウントを開設しているという会社も今や珍しくありません。

 

弊社でも遅ればせながらツイッターアカウントが開設されました。

 

これだけ一般に認知されているTwitterとはいえ、私のお父さんくらいの世代の人にはやはり物珍しいようで興味津々のご様子。

面白がって自社アカウントを見ているようです。

こうなってくると面倒なのが人間の知的探究心。

 

自分でもやってみたくなるのでしょう。

 

ある日のこと、不気味な笑顔を携えて上司が近づいて来ます。

 

あぁ、何か企んでいるよ…いやだなぁ、いやだなぁ~~~~

 

上司は確実に一歩ずつ私に迫ってきます。

 

微妙に笑顔だよ…こわいなぁ、こわいなぁ~~~~

 

私の悪寒に吸い寄せられるかのように私の元にたどり着いた上司は、私の肩をポンっとたたき

 

「このTwitterってやつは誰でも無料でできるのか?お前もやってるのか?ちょっとやり方教えてくれ」

 

ギャーーーーーーーーーーーーーーー!!

 

私は恐怖で気を失ってしまいました。

 

数秒の臨死体験の後、すばやく目覚めた私は

「ちょっとよくわかりませんね。どうなんでしょう」という呪文をとなえることで命からがら逃げ出すことができたのでした。

 

どうして私にあんな恐ろしい言葉が飛んできたのかは今でもわかりません。

ただあのとき「はい」と答えてしまっていたら私は一体どうなってしまっていたんだろう。

 

あのままあの悪霊に取り憑かれていたら今頃私は…

 

 

 

過去の記事はこちら

他のことが気になってしかたがない!勉強に集中出来ない時の対処法。

勉強しなきゃいけないけれど集中できない。

なかなか手をつけることができない。

気がついたら他の事をしてしまっている。

 

スポンサーリンク

 

やらなくてはいけないとわかっていながらもできない。

さらに焦りがつのって集中できない。

私が学生の頃のパターンです。

 

そもそも人間というのは一つの事に集中できないようにできているのではないでしょうか?

外的に襲われる可能性があるのに目の前の事に没頭していては命取りですから。

 

まして世の中にこんなに楽しそうな事が溢れているのですから、一つの事に集中するなんて困難です。

 

世の中には何時間も勉強できる人もいるようですが、私には到底無理です。

まず手をつけることすらできませんでしたから。

 

そんな私が英語学習している。

そして不思議な事に続いている。

 

何時間も勉強することを最初から諦めたからです。

 

仕事が終わって家に帰ってから何時間も勉強したくありませんから。

 

そんな事を考えたら参考書すら開けませんから。

 

だからとりあえず5分でいいからやってみる。

それでだめなら3秒でやめる。

 

ただし、空いた時間にひたすらこれを繰り返す。

 

そもそも日常で記憶に定着している事なんて毎日繰り返していることばかりです。

何時間もまとめて1回だけ頭につめこんだって定着しません。

覚えられないとやる気がなくなります。

だから覚えられなくて当然と思いながら繰り返します。

できなくて当たり前。

 

しかし繰り返せば何かしらの進歩が必ずあります。

息をするように情報を浴び続ければ何かが残ります。

 

日常生活の至る所にこまめにちりばめましょう。

 

その方が楽ですから。

 

人間はなぜ太るのだろう。野生動物にデブがいないのはなぜだろう

野生の動物に太っているヤツっているんだろうか?

急に私の頭に浮かび上がった疑問です。

 

スポンサーリンク

 

思い浮かびませんよね。

野生の動物は好きなときに好きなだけ食料が得られるとは限りませんから。

食料を用意するというのは結構大変な事ですから。

必要な時に必要な量しか食べませんから。

 

人間とそれに飼われた一部の動物だけなんですよ。

 

太っているの。

 

必要以上に食べるの。

 

逆に野生の動物の環境ではなかなか太ることができない。

 

火は使えないし食べるもののレパートリーも少ない。

食べ物を保存しておくこともできない。

食べるということに対する労力が人間とは違う。

更に太ると動きが鈍くなり自分の生命を脅かしかねない。

 

食べるという快楽を簡単に得ることができない。

 

人間は食べるという快楽をほんの少しのデメリットで得ることができる。

 

だから太る。

 

猫だって、犬だって太る。

 

野生動物もきっと人間のような環境を得られれば太る。

 

環境が整えばみんな太る。

 

犬も環境が変われば太にかわる。

 

快楽と自制心を戦わせて勝利させるということは大変だということだ。

 

年齢を重ねて代謝が下がれば余計に太りやすい。

 

細いまま生き続けている人って凄いな。

 

以上が昨日私がソフトクリームを食べながら思っていたことです。

 

太らないように気をつけよう。