北海道の初雪

 

なかなか来なかったあいつが来る

そう冷たくて白いあいつ

 

初雪

 

長く辛い冬の始まり

来年の春までずーーーっと付き合わなきゃならないと思うと….

生まれてこの方ずっと北海道で暮らしているけれど

全く慣れない冬の寒さ

 

移住する以外防ぎようがないのだけれど

どうにかしてほしい

 

冬の間だけ一切外にでないで家に籠もろうか。

 

スポンサーリンク

金曜夜の魔物

夜更かしする

昼寝する

更に夜更かしする

昼寝する

通常の時間に寝付けなくなる

睡眠不足

朝眠い

 

結果

眠い

 

当然です。

 

 

金曜日の夜から月曜日の朝までをざっと振り返ってみました。

金曜の夜から幸せを噛みしめすぎた結果

月曜の朝嘔吐くほど眠い。

 

毎週同じ事を繰り返しているのに

金曜夜の魔物が私をそそのかすものだから毎回この罠にはまる。

 

土曜日の昼寝の時間なんてもう夢見心地です。

当然です寝てますから。

 

週の初めからこんなに眠たいと金曜の夜なんてもう眠気で酷いことに….

ならずに夜更かしするんだろうな。

 

学ばないな。

 

まぁいっか。

 

今週もがんばろう

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

辛いを我慢しない

 

私は今ものすごく胃が痛い

原因なんかはどうでもいい

 

ただただ

痛いんだ

 

胃が

 

薬飲めばいいじゃんって思うでしょ?

 

嫌いなんだよね薬。

 

どんな副作用があるかわからないとか

後々実はこの薬を服用し続けると~~になります

みたいな発表があったらどうしよう

 

なんてことじゃなくて

 

なんとなく薬を飲んだら負けな気がするから

 

それだけ。

 

痛いとか辛いとか無駄に耐えてしまう性分

 

ただ一つ例外があります。

 

それは

 

空腹

 

「お腹すいた」には全く耐えられません。

必要以上に満たしちゃう

 

あれ?

だから胃が痛くなるんじゃない??

 

解決

 

 

そういえば睡眠欲にも勝てないな

 

実はあんまり耐える性分じゃないかも

 

そんだけ

 

スポンサーリンク

発想の転換がうまくなる方法

 

「ちゃんと座らんかい!!」

今朝も私の心の中のちっさいおっさんの怒声が響く

 

満員電車でだらしなく座って必要以上にスペースを占有する人

足を放り出すように組む人

 

人がいないスッカスカな時なら好きにすればいいが

満員電車でそれをすな!!

邪魔じゃ!

お前の汚い汚い靴が人様に当たったらどうする!!

 

今日も私の心の中ではちっさいおっさんの世直しデモが止まらない

 

だんだんとおっさんの怒りの熱が私の心にも移る

いらいらする。

 

しかし私は発想を転換する天才なのでこんなことで心を乱されはしない

イラッとする気持ちをまずはぐっと飲み込む

 

そして

「この人はだらしなく座っているのではない。ちょっと溶けてきているんだ」

そう自分に言い聞かせる。

すると

「うわっ!あの人は独特な溶け方しているな」とか

「この人は右半分だけ溶けるのが早いな」

「みんな今日も水のような液体を目指して必死に溶けているな」なんてちょっと楽しくなる。

こうして優しい世界は作られる。

 

そして、足を組んでいる人の靴が私にあたる

怒りが沸き立つ

一瞬にして沸騰する。

水に流して?

溶けてるから?

液化した自分で流すの?

 

 

やかましいわっ!!

 

優しい気持ち水の泡

 

おしまいっ!

 

スポンサーリンク

 

まばゆさに視界を奪われる

 

成功した誰かの姿に憧れて何かを始める。

自分の夢や目標を見つける。

そんな時、成功の輝きや明るい未来に目がくらんでその途中にある困難や問題が見えなくなる。

視界を失った状態でそこに何があるかわからないまま進んで行く。

すると得体の知れない障害に躓いたり大きな壁にぶつかる

正体のわからないものに怖じ気づいて挑む勇気が出ない、

挑んではみるものの相手の大きさがわからずにすぐに諦めてしまう

いつしか夢や目標は忘れ去られてしまう。

 

障害は必ずあると心に留めておけば怖じ気づくことはないだろう

挑むべき困難をしっかり捉えていれば簡単には諦めないだろう

人が憧れるもの、夢見る世界を実現するために問題が生じないなんていうことはないだろう。

目的までのその1つ1つの道が全て見通せていて何の障害もなくたどり着ける

そんな都合のいいものを成功なんて呼ばないだろう

 

どれだけ長い道のりかはわからない

どんな困難が道に立ちはだかっているかわからない

けれど諦めずに先に進んでいけばいつかはたどり着ける

 

諦めてしまわなければ失敗ではない

 

道のりを楽しもうよ

色んな道を進んでみようよ

 

スポンサーリンク

私マンガ盛り

 

こちらをご覧頂きたい

はい、ナイナイとは言いつつもどれもアル

どっちじゃ!

 

つづいてはこちら

さすがは日出づる国

黄金の国ジパング

オランダにも負けない

 

さらにこちら

アルゼンチンと日本にはこんな共通点があったんですね。

国と国の架け橋になるアホ

私って凄い

 

「ヤルキナイ川」にかかる「マルデアホ」橋

全部私

 

私てんこ盛り

私マンガ盛り

 

私大活躍

 

はいおしまい

 

スポンサーリンク

タイヤ交換の時期っていつが良い?

 

もうすぐ11月

季節で言うところの冬

冬と言えば雪

北海道は例年10月の終わりから11月の初めにかけて初雪が降ります。

 

毎年この時期私が頭を悩ませていた問題があります

 

タイヤ交換をいつ行うか問題。

 

積雪地域に住んでいる方ならおわかりかと思いますが、夏タイヤでは積雪路面はもちろん凍結した路面は走ることができません。

とても危険ですしそもそも走ることができない場合があります。

 

そこで必要なのがスタッドレスタイヤ。

夏用のタイヤからスタッドレスタイヤに交換しなくてはなりません。

 

ただ、スタッドレスタイヤは通常の路面にも問題なく使えるかというと厳密にはそうではありません。

接地圧等の問題でそれはそれで危険。

さらにスタッドレスタイヤはゴムが柔らかいのですり減りやすい。

舗装面を走るとその劣化しやすい。

 

こうなってくるとどのタイミングで交換したらいいのかが悩みの種になります。

 

雪が降ってからでは遅いのでなるべく雪が降るギリギリの時期に交換したい。

悩む。

 

悩むことが大嫌いな私

数年前にこの悩みを解消する方法を見つけました。

 

機械的に交換する日を決めてしまえばいいのです。

私は10月の最終土曜日にその日を決めてしまいました。

 

以降毎年その日をタイヤ交換の人しています。

(今年は先日10月27日に完了しました)

 

安全運転に努めていればスタッドレスタイヤで走行しても大丈夫

そもそも平日は車に乗らないので雪が降るまでに舗装面を走る回数もわずか

タイヤの劣化についても我慢して時期を遅らせたからといってその寿命が1年も延びるわけではない。

 

悩むだけ無駄だ。

 

同じようにタイヤ交換をする日を毎年悩むあなた。

 

私と同じように自分の使用状況に合わせて毎年その日に行うと決めてしまうのはいかがでしょうか

 

 

スポンサーリンク

人に責任を押しつける「わからない」

 

考えもせずわからないと言う

誰もが最初はわからない事を考え、調べ、試して覚えていくのではないか

 

それなのに

簡単にわからないと言う

 

それを誰かに言うと

「世の中そういうものだよ」と訳のわからないなだめ方をされる

 

自分の中で「世の中そういうもの」と思うのは自分の心を守る為に役立つからいいとしよう

 

人に対して「世の中そういう人が多いから」というなだめ方のわけのわからなさが大嫌い

大っ嫌い

 

世の中は沢山の人で成り立っているから多数派の意見が常識という考え方はしかたない。

ただ明らかに間違っているものを「世の中そういうものだよ」と言ってなだめようとするのはなんなのあれ?

 

努力もせずにわからないが許されるのは人に迷惑をかけない時だけだ

 

自分が努力をしないことをわからないといって人に押しつけるのはただの甘え

怠け

なまはげ

 

はい、おしまい

 

スポンサーリンク

 

 

眠れる鮭の本能が通勤ラッシュを遡上する

 

眠れる鮭の本能に火がついてしまったのかい?

だとすれば今すぐに水中に飛び込んでその火を消して欲しい

 

私は心の中で強く願った。

 

何のことかとお思いのことだろう。

つい30分前の私の心の中を占めていた思考だ。

 

朝の通勤ラッシュの時間帯

開閉口近くで降りる人の流れにひたすら耐える人

人型の鮭

その先で産卵するという熱い思いがやつをそうさせるのだろう。

だとすれば今すぐに水中に飛び込んでその熱い思いを冷まして欲しい。

種の繁栄

神に与えられし使命なので仕方が無いことなのかもしれない。

種の繁栄が目的なのだとしたら。

 

違うだろう?

何でわざわざ人の流れに耐えるんだよ?

あ゛ぁ゛!?!?

 

一度降りて人をやり過ごしてから乗り直せばいいじゃないか

乗り降りの少ない出入り口を選んで乗ればいいじゃないか

 

いちいち説明するのが面倒くさいから省略するけれど

その駅のその出入り口は恐らく一番降りる人が多い。

何故そこを選んで人の流れに逆らう!?

 

鮭の(以下同文)

 

きっともう耐えることに必死になりすぎてその環境から抜け出すことまで頭が回らないんだろうね。

そこで思考が止まってしまっているんだろうね

耐えるの大好きっ子なんだろうね。

 

趣味嗜好なんだとすれば、人様に迷惑をかけない方法でその欲望をみたしてほしい。

 

人に押され、時には突き飛ばされることに耐えるくらいなら

 

1日のまばたき2回まで

とかに制限するのはどうだろうか?

 

これなら「耐える」という衝動を満たす事ができる上に人様に迷惑をかけることもない。

 

 

本当にそうか?

かからないか?

迷惑

 

異常なまでにまばたきを耐えることで恐ろしいほどに目は充血し、涙もダダ漏れだろう。

すると不思議な事に涙に吸い寄せられるように鼻水があふれ出す

鼻水が滝のように流れ落ちることで酸素は口から摂取せざるを得なくなる

目と鼻から水分があふれ出すのと反比例するかのように口が渇く

乾いた口の中では菌が繁殖して異臭を産み出す。

 

 

想像してみて欲しい

血走った目で涙と鼻水を垂れ流し、口がクサイおっさん。

 

怖い

怖すぎる

なまはげも泣き出すくらい怖い。

 

思考がとまらなくなったあげく、なまはげが泣き出したので今日はこの辺にしておいしいイクラでも食べてこようと思う。

 

話の終わりがあると思うだろう?

ねぇよ。

 

スポンサーリンク

 

スマホの子機って

 

スマホの子機なるものが登場している

 

人類の産み出すテクノロジーの進化が著しく、とうとうスマホが子を産むようになった。

はい、そんな筈ありません。

 

動画視聴などに適した形を取るためスマホがどんどん大型化している。

すると持ち運びや操作に不便が生じる。

そこで、視覚的に「大きさ」を必要としない機能を利用する際には子機を利用しようという考え方。

 

そもそもいちいち複数端末を持ち運んだり持ち替えたり

不便じゃなかろうか。

その内、実体を持たないスクリーンとかが出てきて液晶部分が必要なくなり今度はまた小型化が進むんだろうな。

 

携帯は

小さくなったり大きくなったり

歴史は繰り返す

 

先祖返りしてポケベルが登場

はしないな。

 

スポンサーリンク