自分で不満を育ててしまう時

他人の事は変えることができない

変えられるのは自分の事だけ

 

それならば何故、人は不満を抱いたときそれを外に吐き出したがるのか

自分以外の事に不満を抱いても

自分が出来る事は自分の行動を変えるだけならば

変化を及ぼすことはできないのに

 

そこには

自分の考えを外に出すことで誰かがそれを変えてくれるかもしれないという希望

そして

自分の考えに同調してくれる他人を探すことで自分の考えが間違っていないと証明したい欲求があるのではないだろうか。

 

しかし

他の誰かが自分の不満を解消してくれるなんていう都合の良い事はそう起こらないし

自分の考えに同調してもらうことで自分の考えが間違っていないという気持ちを強化してしまうと不満は余計に高まる。

 

つまり

 

自分にとって利益は無い。

 

 

自分の考えを声に出して人に伝えるということは非常に大切だが

それは不満をぶつける事ではなくて

問題と感じていることを解決するための対話にならなくてはならない

 

不満によって生まれた怒りをぶつけたり

相手の人格批判が混ざってしまっては何の役にも立たない

 

思考より感情は本能に近いから

感情に振り回されずに冷静に事の本質を考える

ということを意識していないと

問題をより複雑化してしまうことになりかねない。

 

負の感情が沸き立ってしまったら

それを冷ますこと

その感情の正体をよく見ること

 

そんな事をしてみると見えてくる物があるかもしれない

 

 

スポンサーリンク

人間の歯はどうしてはえかわる?

お久しぶりです

 

ふと気になった事があって考え事をしていました。

何がそんなに気になったのか

それは

 

なぜ人間の歯は生え替わるのだろう

ということです。

 

乳歯から永久歯に人生で一度だけ生え替わる

なぜだ

なぜわざわざ抜け落ちるのだろう

 

その理由は

顎が成長するのに対して歯は成長することができない

すると顎が大きくなるにつれて歯のサイズが合わなくなる

そこで大きくしっかりした永久歯が生えてくるのだそうです

ざっくり言うとこんな感じだと思います。

 

 

なぁ、、、、、

 

 

早すぎやしねぇか?

 

 

一生に一度のサイズ調整

 

早すぎやしねぇか!?

 

人生を80年と見積もったとして

 

序盤でたった1回の権利使っちゃって大丈夫なのか?

 

もう少しせめて20歳くらいまでとっておいたらどうだ?

20歳で歯が抜け落ちたら恥ずかしくて口開けられないかも知れないけれどそれもまたおもしろいじゃない

 

結局なんでそんな早い時期に歯が入れ替わるのかは調べていません。

そこはあんまり気にならなかったから

いや、納得はいかないんだけれど

知ったからと言って変えられないし

 

顎の成長に合わせて適切なタイミングで入れ替わっているんだとしたら

人間の頭ってあんまり大きくならないんだね

頭って成長しないんだね

 

私なんかは頭の外身だけじゃなくて中身まで幼少期に成長が停止してしまったけどね

 

こんなことを考えるなんとも無駄な時間が私の人生にはかなりある

力を向ける方向を考えるべきかもしれない

 

スポンサーリンク