夏フェスの正しい楽しみ方 JOIN ALIVEに行ってきた!

15,16日とJOIN ALIVEに行ってきました。

JOIN ALIVEって何?と言う方!

JOIN ALIVEとは北海道岩見沢市の遊園地(三井グリーンランド)の会場内で行われる音楽フェスです。

 

スポンサーリンク

 

今年のJOIN ALIVEは天候にためされる年となりました。

初日は最高気温34℃と全国でも北海道が一番暑い灼熱の1日

そして2日目は野外フェスの大敵雨!バケツをひっくり返したような雨が降りました。

 

それでは私の2日間をダイジェストで振り返ってみましょう。

 

1日目

これでもかと言うくらいの晴れ。

何もしなくても汗がしたたる。

自分が溶けているのではないだろうかと疑うくらいの汗がしたたる。

うん。水分補給。熱中症は怖いからね。(ビールでは水分補給ができません。ましてや熱中症対策になどなりはしません。よい子はしっかり水と塩をとってね)

 

恐ろしいほど暑かったけれど木陰にシートを敷いて1日過ごしたためなかなか快適。

今回1番のお目当てだったthe HIATUSも見ることができて大満足!

さらにBRAHMANではTOSHI-LOW氏が降臨して真下から見上げることができてさらに大満足!(詳しいことを説明するのはめんどくさいから気になる人はネットで検索してね)

 

私は毎年フェスに行きますがフェス飯ってだんだんクオリティーがあがってるよね。

なんかもうやっつけ感のない本格的なものが食べられるよね。

これも大満足だった。

 

かなり体力を要したけれど最高の1日目でした。

 

2日目

昨日とはうってかわってどんより空模様。

じめじめする。

さらに開始時間には雨もスタート。

みなさんレインコートを着用しての観覧

小一時間たちメインステージでcoldrainさんがパフォーマンスするころにはバケツをひっくり返したような雨が降ってきました。

 

さすがにみなさん避難してましたね。

 

レインコートくらいではあの雨を乗り越える事ができませんでしたね。

諦めて帰路についた方もいらっしゃったことでしょう。

 

しかし私はベテラン。

雨なんかには負けない。

 

私くらいの経験値を持つと雨を凌ぐどころか…

その雨の中で寝る。

こう!!

雨なんかには負けないからね。

私の完全勝利といっていいでしょう。

 

雨?こんなものは霧だよ霧はっはっは。(1時間後にはしっかり雨が染みて私はべっちゃべちゃでした。もうべっちゃべちゃ 泣)

 

ブルーシートって雨染みこむのね。

繊維の編み目?から染みこむのね。

 

それ、自分の汗じゃない?という素晴らしいご意見もいただきましたが、私は驚異的な多汗症じゃないと信じたい!

寝てたから覚えてないけどきっと汗じゃない…

ちょっと病院行ってこようかな…

 

なんにせよ、この雨はcoldrainさんが終わりサンボマスターさんがミラクルを起こした頃にはすっかり上がりました。

 

なんて事をしながらTHE ORAL CIGARETTESかっこいいなぁとか

Perfumeの可愛さに生命の危機を感じたりしながら1日を過ごし、最後は湘南乃風。

 

盛り上がるね、湘南乃風。

盛り上げ方が上手だね。

 

見てこれ。

めんみ。

全く関係ない。

 

こっち!

私のつたない腕でしかもiPhoneでの撮影なのでその素晴らしさを伝えきれないのが残念でなりませんがとても幻想的でした。

 

と駆け足で振り返って来ましたが、今年もJOIN ALIVEは大満足。

 

駐車場の位置が遠すぎるなんて小さな不満も全て吹っ飛ぶ2日となりました。

やっぱり全力で楽しもうとする姿勢が大事!

 

駐車場の位置がちょっと遠すぎるなぁ(徒歩15分)なんてことや雨、、暑さなんかも全ては事前の準備が大事!

 

あらゆる状況を想定して完璧な準備をしてください。

 

フェスのプロことonitti7からみなさんへの教訓。

 

大雨の中ブルーシートにくるまれて寝ると雨の冷たさや振動が直に伝わってきてあまり回復しないぞ!

それと駐車場が徒歩15分だとちょっと遠いぞってこと。

 

 

おしまいっ!!

 

次はRISING SUN ROCK FESTIVAL でお会いしましょう。

明日は待ちに待ったJOIN ALIVE!え?でもちょっと待って!?

明日は待ちに待ったJOIN ALIVE!

北海道に夏フェスの時期がやってきた!!

 

スポンサーリンク

 

音楽が北海道に短い夏を連れてきました!

 

え?
なに??うわっ!でかっ!!夏でかっ!!

 

実際に夏がデカイわけではないけども!

暑すぎます!!

 

札幌が最高気温34℃!

北見においては37℃なんて見たこともないような予想最高気温!!

 

体温より暑い外気温なんて体験した記憶がありません!

 

大丈夫?地球??

 

大丈夫?私??

 

 

おかしいだろ!!

私。

 

私がおかしいのは三十数年前からだからいいけれども!

 

天気予報なんかを見ると

125年ぶりだとか90年ぶりだとかこの世に経験したことがある人が数える位しかないレベルの気温だってさ!!

 

水分とれよ。

塩とれよ。

涼しいところにいろよ。

 

くれぐれも無理はしないように。

 

熱中症はすぐに症状がでなくても後から具合悪くなることもあるそうです。

 

楽しい三連休を迎えるためにも体調管理は万全に!!!

根拠のない自信

私は根拠のない自信が非常に強い。

何故でしょう。

わかりません。だって根拠ないんだもん。

 

スポンサーリンク

 

しかし最近改めていろいろな人の仕事を見てみて自分の根拠のない自信に揺らぎが生じました。

 

これまではずっと遠くの目標を見ていたので私だってがんばれば必ずあれくらいにはなれるんだ!そう思っていました。

 

しかし視点を自分の身の回りに移してみると…

あれ?私ってもしかして特段優れていないんじゃない?

 

平均か….

 

いやそれ以下か!?

 

 

ばっかもーーーーん!

 

そんなわけあるかい!

 

わしゃ天才じゃ!

 

天才なんじゃ!!

 

でもひょっとしたら…..

 

なんて1日にものすごい回数の上がったり下がったりします。

仮想通貨も真っ青なくらい上がったり下がったりします。

そろそろビットコインみたいに分裂の噂が立ちます。

 

あがってんのーーーさがってんのーーーー

 

しらんわ!!

 

とにかく根拠のない自信を武器にひたすら突き進むのが私の長所じゃ!!

 

私の特技は自分をべったべたに甘やかすことだもんね!!!!

 

なんというか自信がぐらつく1日を過ごしています。

 

身動きしないと飲み込まれそうなので某国営放送のラジオ体操をまねしています。

 

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO 会場内駐車券のリセールについて

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO 会場内駐車券のリセールについて公式より発表がありました。

概要は以下です。

 

スポンサーリンク

 

リセール出品期間:7/14(金)12:00~7/23(日)23:59まで

リセール購入期間:7/18(火)12:00~7/23(日)23:59まで

 

お申し込みはオフィシャルHPのリンクまで

ちなみに

・会場内駐車券とそれ以外のトレードは別のリンクとなります。

・会場内駐車券の方のリンクはスマートフォン専用となっています。

 

私は会場外駐車券すら買えなくなりそうな様子を見てこの発表まで待てませんでした。

出来れば会場内がいいけど最悪会場外でも仕方ないかという場合は、会場外を先に購入してリセールで会場内の駐車券を取った後、自分で会場外駐車券をどうにかしなくてはならないことに…

ちょっと暑すぎやしませんか?

ねぇ、、、暑すぎない?

スポンサーリンク

 

確かに夏を待ちわびていましたよ。

でも、、、

 

暑すぎない??

 

私はさわやかな暑さを望んでいるのであってこんな灼熱の世界を望んでいたのではありません。

電子レンジにかけられている気分です。

 

わしゃ冷や飯か!

。。

。。。

 

いやそんなことはどうでも良くて、こう暑いとさすがに身体機能がダウンしてきて全てが雑になります。

 

ご飯はもっぱら雑穀米ですし

読むのはほとんど雑誌ですし

収入はほとんど雑所得ですし

書類はほとんど雑紙ですし

しめはだいたい雑炊ですし

 

思考回路も低下しているようです。

 

みなさん熱中症には注意しましょう。

室内でも油断してはなりません。

 

水分と塩分をしっかり補給しましょう。

 

命に関わるので無理はやめましょう。

 

涼しいところで過ごしましょう。

 

涼しい時にがんばればなんでもどうにかなります。

 

健康で夏を楽しみましょう。

 

自己アピールの大切さ。

自己アピールの大切さ。

気がついていますか?

 

スポンサーリンク

 

日本人は目立たず平均的にという教育を受けているのでなかなか目立とうとしません。

そして目立つと叩かれる。

出る杭は打たれる。

 

しかし!平均に埋没することの何が面白い!!!

 

ということでしっかりアピールしておきましょう!!

私です私!!

私がここにいます!!!!

 

みんなーー!私だよ!!!

 

目立ってなんぼです。

MONOEYESのツアーがはじまるよ!!!

私の大好きなMONOEYESのツアーが始まります。

日程は以下

スポンサーリンク

 

7/12 (水) 千葉LOOK
7/20 (木) KYOTO MUSE
7/24 (月) 松江canova
7/25 (火) 岡⼭CRAZYMAMA KINGDOM
8/1 (火) F.A.D YOKOHAMA
8/8 (火) ⾼松festhalle
8/16 (水) 新潟LOTS
8/22 (火) 神戸太陽と虎
8/29 (火) 広島クラブクアトロ
8/31 (木) 熊本Django
9/1 (金) 福岡BEAT STATION
9/3 (日) 仙台PIT
9/5 (火) 青森Quarter
9/6 (水) KLUB COUNTER ACTION 宮古
9/8 (金) 石巻BLUE RESISTANCE
9/12 (火) 釧路NAVANA HALL
9/14 (木) 旭川CASINO DRIVE
9/15 (金) Zepp Sapporo
9/20 (水) 大船渡KESEN ROCK FREAKS
9/26 (火) 金沢EIGHT HALL
9/28 (木) Zepp Osaka Bayside
9/29 (金) Zepp Osaka Bayside
10/2 (月) 長野CLUB JUNK BOX
10/4 (水) Zepp Nagoya
10/5 (木) Zepp Nagoya
10/10 (火) 新木場STUDIO COAST
10/11 (水) 新木場STUDIO COAST
10/21 (土) 桜坂セントラル

本日の千葉LOOKを皮切りに全国25カ所28公演!!

 

本日の初日に行ける方々が非常に羨ましい!!

みなさん怪我の無いよう楽しんでください!

 

怪我するなよ!させるなよ!

嫌な思いするなよ!させるなよ!!

迷惑かけるなよ!!!

みんな楽しめよ!!!

 

チケットの不正転売は絶対だめ!!!!!!!

 

MONOEYESのみなさんと最高の時間を過ごしてください!!

おじさんの汗

暑い日々が続きます。

 

最近筋トレをしている影響でしょうか?

代謝が高まって汗の量が尋常ではありません。

スポンサーリンク

 

家から地下鉄乗り場まで歩いただけで顔から滝のような汗。

体はあまり汗をかかないのに顔から水のようなさらっさらな汗が止まりません。

 

こうなってくると気になるのが汗の処理。

 

私は清潔感だけは失いたくないと思いながら日々をすごしているので非常に気になります。

 

汗がだらだら流れている状態で混んでいる地下鉄に乗るのは非常に嫌!

まぁ乗ってこられる方は数倍嫌でしょうけれど。

 

汗が気になってヒヤヒヤします。

 

しかし気になればなるほど出てくるのが汗。

ヒヤヒヤしているのに流れ出すのが汗。

体を冷やすために流れるのが汗。

 

ヒヤヒヤしてるんだから止まればいいのに汗。

 

こうなったら体中の汗腺に詰め物でもしてやりましょうか。

 

さすがに清潔感のために生命を脅かすわけにはいきません。

 

どなたか知りませんか?良い方法。

 

三千年の歴史で培った汗を止める秘孔とかありませんか?

 

縄文土器、弥生土器、どっちが好き??

 

どっちも土器!

 

誰か私を助けてください。

人が習慣を変える瞬間

習慣。

それはある事が繰り返し行われた結果、その事がしきたりになること。

 

スポンサーリンク

 

繰り返し行うことで意識せずとも容易に出来る行動。

頭を使わなくてもよい環境。

人は一旦、習慣というものを形成するとなかなかそれを手放そうとはしません。

 

例えばそれが時と共に意味のないものになっていてもそんなことはお構いなしに継続されてしまうものです。

 

自分はそれが当然になっていても周りはそう思っていない。

 

探してみてください。

 

その習慣、人の迷惑になっていませんか?

 

 

例えば食後に歯に挟まった食べ物をシィーシィーする行為。

私はこれが大嫌いです。

汚い。

 

しかし当の本人はといえば、私の不快感など全く意に介さずシィーシィーし続けます。

 

 

歯医者に行きなさいよ!

 

そんなに気になるなら歯磨きしなさいよ!!

 

やんわりとその事をお伝えしても相手はあの習慣

そう簡単には変わりません。

 

では、人はどういったときにこの習慣を変えるのでしょう?

 

答えは簡単です。

 

その習慣を続ける事の不便さなどのデメリットが習慣を守り続けるメリットを上回ればよいのです!

 

ここで彼のメリットといえば…

あれ?メリット何?

何のため??

あ、あぁ、、最終的には歯の間に詰まった物が取れるのか….

汚いな。

 

このメリットを上回るデメリットをその行為に結びつけてしまえば彼は習慣を変えざるを得ないのです。

 

そこで私は考えました。

 

彼がシィーシィーすると同時にガラスを引っ掻く!

ダメです。

確かに彼に不快感を与えられますが、私が何倍も不快です。

 

では、彼にそっと低周波治療器をつけてシィーシィーと共に電流を流す。

ダメです。

効果的だが非現実的です。

 

ならば、シィーシィーが始まったら倍の大きさでシィーシィーする!

ダメです。

本末転倒です。

 

あれもこれもだめ。

そもそも意識的に他人に不快感を与えてはいけません。

 

そんな無駄な事を思いながら私は文明の力に頼るのでした。

イヤホン考えた人!

おい!イヤホン考えた人!!

頭蓋骨が耳の位置まですり減るくらい頭なでてやるから名乗り出るように!!

 

 

そんなとこ。

不真面目のススメ

「真面目に正々堂々と。そして他人に迷惑をかけない」

私の根底に根付いているものです。

 

スポンサーリンク

 

真面目な人、不真面目な人、神経質な人、おおらかな人。

世の中には色んな種類の人がいます。

「あの人は真面目だ」そう聞くと比較的好印象な気がしますが、これは本当に良い意味で用いられているのでしょうか。

 

真面目のデメリット

 

真面目な人は責任感があってしっかり仕事をこなします。すると周りにいる人に頼られます。

場合によっては不真面目な人や卑怯な人、要領のいい人に利用されます。

 

相手に悪意はなくても真面目な人は「自分ばかり」という気持ちを味わいます。

そしてストレスがたまります。

 

自分が好んでその状況を生み出している自覚がある場合は良いですが、自分はただ真面目にやっているだけだと思っている人には大きなストレスの元となります。

 

そうなってくると対人関係に影響を及ぼします。

周りに人に悪意を感じコミュニケーションに弊害をきたします。

 

するとせっかく一生懸命仕事をしているにも係わらず「あの人は真面目だけれど扱いにくい」といったマイナスの評価を受けてしまいます。

さらにそれは頑張っても評価されないというストレスを生みます。

 

一生懸命やっているにも係わらず報われない。

そんな気持ちを抱えながらそれでも日々がんばる。

これではとても不幸です。

 

真面目をやめてみよう

 

できませんよね?

気持ち悪くて。

幼い頃から培われたものはそう簡単には変えられません。

 

それでも私は不真面目をおすすめしたいと思います。

不真面目といっても責任感がなく何をするにも雑で適当を目指せ!

なんていうことではありません。

 

私のススメは今の手当たり次第一生懸命という状況から抜けだそうという提案です。

自分にとって価値のないことにまで一生懸命という価値を見いだすことをやめましょうということです。

 

それでは真面目に生きなかったらどうなるかを考えてみましょう。

 

 

「この人は真面目だ」という評価は失われるかもしれません。

しかしそもそも一生懸命しがみついているこの「真面目」って何の意味があるのでしょう?

 

幼い頃から「自分は真面目だ」と評価されてきた延長上でなんとなく真面目が当たり前になってはいませんか?

 

その真面目はなんのためですか?

 

会社に評価され昇進するため?

 

だとすれば本当にそれは正しい?

 

人の評価というものは良くも悪くも評価する人の価値観でしかありません。

 

相手があなたに悪印象を抱いたらそれは「真面目だけれどそれだけ」の人になってしまいませんか?

 

もう少し柔軟に楽しく生きた方が物事がうまく回り出す気がしませんか?

 

必要なことと不要なことを意識的に分けてみよう。

 

ただ真面目をやめようとするとなかなかできません。

そこで自分にとってのメリットとデメリットを意識してみてください。

 

手当たり次第真面目に一生懸命やってきたことから少しずつ不要な部分が削り落ちていきませんか?

 

不要な部分はとことん切り捨ててしまいましょう。

 

 

世の中には驚くほどだらしない人、卑怯な人、小ずるい人がいるものです。

自分の価値観からは想像できないような価値観をもって生きている人もいます。

「人は変えられないから自分が変わるしかない」ではなく、そんなどうでもいい人には影響されない。相手にしない。

そんなくだらないものに大切な時間を1秒でも不快に過ごさない。

 

 

真面目に頑張っているあなたの長所を存分に活かして楽しく生きて行きましょう。

 

 

過去の記事はこちらから