ねぇ、なんでチケット転売なんてするの?

ライブチケットの転売

 

「どうしても都合がつかなくなってやむにやまれず他の方に定価でお譲りする。」

 

こういった場合を除く

最初からライブに行く気などなく、営利目的の転売を考えたチケットの取得。

これについて考えてみました。

 

 

 

そもそも何故そんなことが起こり得るの?

 

これはもう買う人がいるからに他なりません。

 

大好きなアーティストのライブにどうしても行きたい。

そんな気持ちを逆手にとり、不正転売をして利益を得る。

中には数万円なんていう値段で取引されているものもあります。

 

売りたい人と買いたい人の需要と供給が結びついた結果かもしれません。

 

 

しかし、多くの人が一生懸命に作り上げたステージを

そこに参加しない人間が横から入り込んで利益を得る。

 

そんな事がまかり通って良いはずがありません。

 

どんなにライブに行きたくても

不正転売のチケットを買わないでください。

ライブのチケットは主催者が決めた定価以外の金額が付いてはいけない。

 

不運にも抽選に漏れた人はあきらめろってこと?

 

幸運にも先行の抽選に当選した人の中にも都合がつかなくなってライブに行けない人は必ずでてきます。

そしてそのチケットを無駄にしたくないと純粋な気持ちで他の方に定価で譲る。

こうしたチケットの譲り渡しは全く問題ないでしょう。

 

また、最近はスマホを使った電子チケットがでてきて、公式のチケット再分配方法などもでてきています。

 

 

これらの方法でチケットを手に入れられる幸運を祈りましょう。

 

 

結局

 

こうやって文章にしてみようと考えてみると当たり前のことしか思い浮かびません。

当然です。

それが当たり前なんだから。

誰もがそう思っていることでしょう。

 

けれど転売がなくならない。

 

音楽という芸術を保護するためにも

優れた音楽を奏でる人が余計な気を気をもむようなことがないようにしていきたいですね。

 

チケットの不正転売はぜったいダメ!

 

 

 

 

デトックスで健康になろう

 

 

デトックス

体内に溜まった毒物を排出させることです。

 

その方法としては

食物繊維や水を沢山とり老廃物の排出を促すことや

岩盤浴などで汗をかくことがあげられます。

 

これらを行うことで代謝が活発になり健康な肉体が手に入ります。

 

しかし人間の健康についてもう一つ忘れてはならないものがあります。

心です。

 

健全なる精神は健全なる身体に宿る

 

体が健康であれば精神も健康であるという意味ですが、果たして健康なだけで精神が健全に保たれるでしょうか?

 

私はむしろその逆で健全な精神が健全な身体を導くと思っています。

 

ストレスが原因で引き起こされる様々な病

気持ちが晴れなくては健康のありがたさを感じることも難しいと思います。

 

そこで心のデトックスです。

 

日頃ストレスに感じること

イライラすること

ストレスをためないために好き勝手に振る舞えば、人間関係に支障をきたしてしまうでしょう。

 

しかし、自分の心が健康でなくては健全な人間関係など築けません。

たまったストレスはいつか爆発します。

 

自分の心を大切にする意識が必要です。

 

心の中の老廃物をため込んではいませんか?

心に負荷を感じる人は是非一度意識的に老廃物を排出してみてください。

 

 

ぬか喜び

 

ぬか喜び

糠喜びと書き、

「一瞬の喜び」「あとでがっかりするような儚い喜び」と言った意味です。

 

 

 

糠とは、玄米を精米して白米にする時に取り除かれる外皮の部分で、
「ちっぽけなもの」「細かいもの」と言った意味合いも糠にはあります。

そこから転じて
「ちっぽけな喜び」「儚い喜び」という感情を「ぬか喜び」と表すようになりました。

 

つい先ほどのこと

仕事が立て込んでいる最中また新たな依頼がありました。

 

嫌な予感を感じた私は即座に気配を消します。

とりたてて特技というものがない私ですが唯一の特技があります。

それが気配を消すことです。

向こうの壁が透けて見えるくらい気配を消すことができます。

 

私はこの特殊能力を駆使することで難局を乗り切るよう試みました。

 

これが功を奏したのか私の下に指示は届きませんでした。

 

危機を脱した私は上機嫌で仕事を続けます。

 

しかし、喜んだのもつかの間

 

自分では出来ないと早々にあきらめた上司から

「これ、お願いできるか」という恐怖の宣告

 

まさに糠喜びです。

いや、その儚さといったら糠どころか微生物くらいでしょう。

ミジンコ喜びです。

肉眼でとらえることができません。

顕微鏡の購入申請をあげておこうと思いました。

 

くだらない事を考えている暇があったら少しでも作業を進めましょう。

現実に帰ります。

怒りを少なくする方法

 

怒り

感じる方も

向けられる方も

不快ですよね。

 

 

怒りの強度が人より強い

継続期間が長い

怒りを抱く回数が多い

 

人それぞれ怒りにも特徴があると思います。

 

自分が怒りっぽいなと言う人は

まず自分の怒りのタイプと何に対して怒りを感じるかをよく知ることが怒りを抑える第一歩となります。

 

自分が怒りを感じたときに紙などに書き出して見ましょう。

 

自分がどんな時に怒りを感じ

どれくらい継続し

どれくらいの頻度で怒っているかがよく見えてきます。

 

そして怒りを感じたらその怒りの程度を10段階で評価してみてください

自分が怒っているか否かだけではなくどの程度の怒りなのかよく見つめてください。

 

客観的に怒りの原因を評価することで冷静になることができます。

また、怒りのピークは6秒と言われているのでそうやって考えている内に少しずつ怒りは納まっていきます。

 

怒りを感じること自体は悪いことではありません。

時には怒らなくてはいけないこともあります。

 

自分の中で

 

怒る必要のないこと

許容範囲内

怒らなくてはならないこと

 

この三つの境界線を日頃から意識してみましょう。

 

 

MONOEYES ツアーチケット一般発売(全国統一プレオーダー受付)

 

MONOEYESのオフィシャルHP先行の抽選結果がでましたね。

みなさんは当選することができましたか?

もしだめだった人もあきらめる事なかれ

 

 

e+で全国統一プレオーダー受付がまだ残っています。

 

MONOEYES全国統一プレオーダー(e+)は17/6/1(木)12:00~17/6/8(木)18:00

受付です

 

みなさんまだチャンスはあります!

 

営利目的のチケット転売は絶対だめ!!

思ってたのとちがーーう!!

 

突然ですがみなさん、幼い頃に思い描いた自分の未来像を覚えていますか?

将来の自分の可能性になんの疑いも持たず、

何にでもなれると思っていたあの頃。

理想の自分がそれぞれの心の中にあったと思います。

 

そこで今回は幼い頃の私が思い描く未来像をインタビュー形式でお送りしたいと思います。

 

 

 

ーーそれではおにっち君(5歳)率直にいって今の自分をどう思いますか?ーー

うんっとね…..なんていうか….

思ってたんとちがーーーう!

何このしょうもないおっさん!

平均以下どころか最底辺じゃ….

 

ーーおっと!おにっち君ちょっと落ち着こうか。

              いきなりフルスロットルじゃないかーー

 

だって、これだよ?

何!?このぽんこつ

どこでどう間違ったの?

正解が見当たらないや

 

ーー順を追って検証してみようか。

      まず君の今思い描く未来の自分を教えてくれるかい?ーー

 

えっとね、まず見た目!

身長は180cmは欲しかったな。

これじゃせいぜい170cmを超えたくらいじゃないか(172cm)

あとね、足!短い!お前はダックスフントかって!

 

お仕事は35歳ならもう2つくらい会社を作って今頃南の島で悠々自適

の生活のはずなんだ

それなのに何してんのこれ?

こんな天気のいい日にせっせと仕事しちゃってさ!

お前は働き蟻かって!

 

それとね、ここが一番問題なんだけど何!?

どうしちゃったの!?

この知能の低さ!!

僕の予想では有名大学にでて立派な大人になっているはずなの!!

それなのになんで!?

お前の知能は銀行の利子かって!

 

ーーちょっとまっておにっち君、いちいち未来のおにっち君を

     ディスるのはやめようか、未来のおにっち君が虫の息だーー

僕だって心の奥ではわかってたさ、未来の僕がそんなに優れていないことな        んて…..

でもせめて平均以上…

いや贅沢は言わない、平均値でいて欲しいじゃないか

コレじゃ最下層だよ

下から数えた方が早いじゃないか

責任とってよ!

 

ーーだまって聞いてりゃ調子に乗るんじゃありませんこの子は!!

      そもそも自己評価が高すぎるんだよ!!5歳の時点で

               十分見込みなしじゃないか!!ーー

 

なんだとぉーーー!いたいけな子供に対してなんだその態度は!!

そんなんだからまともな大人として見られないんだ!!

小学校からやりなおしてこい!!!

わーわーわーーわーーーー!!!

 

 

こうして会談は壮絶な争いと共に物別れとなりました。

 

みなさんも幼い頃の自分と語り合ってみてはいかがでしょうか。

幼い自分が納得してくれなかったらもう少し頑張ってみましょう。

 

 

目新しいこと

 

日々何か面白いことがないかと考えています。

それは自分が何かを起こすことだけではなくハプニング的に降りかかったことも含めてです。

 

 

しかし、基本的に会社と自宅の往復

1日8時間以上を会社ですごせば

そうそう面白いことなど起こりません。

 

やはり日常を打破することから新しい刺激は得られるのです。

 

ならば毎日の生活スタイルの中でも日常を打破してみましょう。

まずはいつも何気なく利き手を使っている作業を全て逆の手で行ってみます。

 

不便な以外とりたてて面白くもなんともありません。

 

私の脳に新しい刺激を与えてください。

 

 

夏バテの兆し

 

 

だんだんと気温が高くなり

夏が近づいてきました。

 

私は夏が大好きです。

しかし、あまり暑さに強くありません。

 

夏バテの兆しがみられます。

 

だるい。

体がだるい。

 

今からこれでは先が思いやられます。