迷いと後悔

何かに迷って行動がとれないとき

何かを思い出して後悔したとき

 

私はまずどちらもやめることから始めます。

どちらも自分の選んだ道の結果しか知り得ないのですから。

 

こっちを選べば正解かも知れない

あのときああしていればよかったかもしれない

 

考えるだけ無駄だと思います。

その答えは永遠に知ることができないからです。

 

そんな時間があるなら

自分の選択に自信をもって

間違えていたなら成功する方法をそこから学んで

未来に活かせばいいと思います。

何かを始めればそれが例え失敗でも世界が動き出します。

考えるだけで何もしなくては何も起こりません。

 

自分の人生の責任は自分にしかとれません。

どうせ責任をとらなきゃいけないんだから思い切って行動してみましょう。

カラス

怖いよ君!

 

私はそんな体験はありませんが頭を捕まれてた

だとか

頭すれすれを飛ばれた

なんて体験談を時々耳にします。

 

ゴミをあさっている時のカラスなんて

とても獰猛に見えます

野獣です

 

風邪で戦闘力が昆虫並みに衰えている今

彼らは私の天敵です。

 

わからんよ

人の考えていることというのはわからないものです。

しかし、何かしらの行動をとっているその背景には必ずその人なりの考えが存在します。

 

つい先ほど通勤途中でのこと

 

地下鉄に乗り込んだ私は空席を見つけ、そこに座ろうと座席に向かいました。

私の前には高校生の男の子がおり、その高校生もその空席に向かって歩いています。

これは先に座られてしまうな、仕方がない。

半ばあきらめながらも歩き続けると、その高校生は空席の前に立ち止まり座ることはありません。

 

この時点で

わざわざ空席の前に立ち止まり、他の人が座るのを妨げるという選択肢をとった彼の考えが若干理解しにくい。

 

どうせ座らないのなら既に埋まっている席の前に立てば他の人はスムーズに空席に座れるのに。

私が座りたかったからそう思うのではなく、自分が彼の立場なら考える余地もなくそうしているからこそ疑問が湧きます。

 

ただしここで腹を立てるのは若干、時期尚早というものです。

彼は目の前に人が座っている状況が苦手であえて空席の前に立っていたのかもしれません。

それを彼が選ぶのは自由です。

 

「すみません」と声をかけ、少しよけてもらい無事に座る事ができました。

ほっとした次の瞬間。

私は自分の目を疑いました。

 

 

彼、回ってる!

 

その高校生がその場でゆっくり回っているではありませんか。

 

わからん!

 

さすがにわからんよ。

 

私がその座席についた時点で

 

・スマホを見る

・広告に目をやる

・回る 【NEW】

 

という選択肢が生じた理由が私の思考回路では全く想像できない。

 

しかも

・スマホを見る

・広告に目をやる

・回る 【NEW】 ←

 

となった理由が皆目見当もつかない。

 

私が彼の横をすり抜けるときに若干彼に触れてしまい、慣性の力を与えてしまったのでしょうか

急に地軸としての自覚が芽生えたのでしょうか。

何にせよわからん!

 

私はすぐに地下鉄を下車したのでその後の彼の行動を知るよしもありませんが

彼は今もどこかで回っているのでしょうか。

 

わからん。

 

説明力

以前の記事で聴く力について触れました。

今日は説明する力、すなわち話す力についてのお話です。

 

聴く力と同様に私が大切にしていること

それが相手にわかりやすく伝えたいことを伝える力

つまり「説明力」です。

 

具体的に私が気をつけているのは以下の3点です。

 

① 結論は1つの話に1つ

② 最初に結論ありきで話し始める(もしくは会話の最初に相手にもわかるように結論をにおわせる)

③ 極力短く話す

 

その理由は

①については結論がなくだらだらした話や結論が渋滞を起こしている話はその内容がわかりにくくなる

②結論を相手に意識させることでこちらの話の中から相手が大事な部分を切り取りながら聞いてくれる

③話が長くなるということはそこに無駄な修飾や自分の解釈が混ざっている

といったことです。

 

きちんと話すことで「伝わらない」という相手にとっても自分にとってももどかしい気分になることを防ぐことができ、円滑なコミュニケーションを図ることができます。

 

話す、聞くというのは相手に自分を伝える大切な行動です。

大切だからこそ意識してより磨き上げていきたいと思います。

 

なんでなん?

お散歩の最中

左ハンドルの車の左前と右ハンドルの車の右前の接触事故の事故処理を見ました。

 

お互い運転席から一番近いところ同士をぶつけるなんてどうしてだろう?

運転手同士が知り合いでお互い窓を開けて握手でもしようとしたんだろうか?

 

そんなくだらないことを考える日曜日

 

冷たい風に吹かれながら事故処理をする方々が気の毒でした。

 

みなさん安全運転を

マスク

なかなか風邪がぬけなくてすっかり私の体調観察日記となりかけているこの日記ですが、懲りずに風邪の話題です。

咳が酷くて常時マスクをしているのですが、普段マスクなどする機会がない私はたびたびこの存在を忘れます。

食べ物を食べる時や飲み物を飲む時というようなベタなタイミングから、鼻をかむ時や果ては歯を磨く時まで…..

ここまで忘れると人間は進化を望む生物なのでマスクをしたままこれらの行動を取る事ができるようにはならないものかと考え出します。

手っ取り早いのはマスクに穴を開けることでしょう。

これでマスクの存在に悩むことがなくなります。

よし!穴をあけよう!

マスクに関する悩みどころかマスクの存在意義さえ失います。

 

却下!

 

それではさらにこのアイデアを進化させましょう。

不要な時はこの穴を塞げばいいのです。

 

チャックを付ける

マジックテープを付ける

テープで塞ぐ

縫いつける

 

はい、マスクを外した方が早いですね。

 

今日もこんな感じで私の奇妙な冒険が始まります。

母の日

明日は母の日

日頃の感謝を形にしましょう

気持ちを伝えましょう

 

親というのは本当に尊いものです

無条件の愛で20年前後育ててくれて自立したあとも何かと気にかけてくれる。

こんな動物は人間をおいて他にいるでしょうか。

当たり前ではありません。

 

自分の人生を費やして育ててくれている親という存在に

是非とも感謝を伝えましょう

感謝していることをわかってくれているなんてつまらないことは言わずに

 

しっかり表現しましょう

ありがとう

 

 

わかる、わかるよ

耳鼻科に行ってきました。

耳から透明なタレが出ていたからです。

 

土曜日ということもあり病院は大混雑

老若男女沢山の人が診察開始を今か今かと待ちわびています。

皆さん本を読むやらスマホを見るやらして静かに時間を過ごしています。

 

そんな中静寂を切り裂く甲高い鳴き声。

一人の男の子がおかあさんに連れられてやってきました。

 

幼い頃から右耳の聞こえが悪い私はこの泣きわめく子供の気持ちがよくわかります。

耳や鼻に金属の器具をつっこまれる

その行為の恐ろしさそして痛さが。

 

それはもう幼子にとってみれば拷問です。

 

私は心のなかで「わかる!わかるよその気持ち!」

と静かにその子供に同調していました。

 

その子は私より先に受付を済ませていたらしく診察もそちらが先でしたが、診察の間中ずっと泣きわめいていました。

 

「わかる、わかるよ!」

 

命からがら出てきた子供は走るように病院から帰っていきます。

その目には怒りとも哀しみともいった感情と共に涙がいっぱい浮かんでいました。

 

しばらくして私の診察。

痛い!痛いぞ!

でも大人なので子供のように泣きわめく訳にもいきません。

 

結局診察結果は急性中耳炎だったのですが、診察の後調剤薬局で2時間待たされる事で土曜日が半日つぶれて私は…..

 

ちょっと泣いた。

早起きは三文の徳

お休みの土曜日

ただいま午前7時です。

 

何故こんなに早い時間から活動しているかというと

答えはシンプル

 

寝ていられないのです

 

これも老化の一環でしょうか。

とにかく長時間寝られません。

 

若い頃はお昼過ぎまで寝るなんて平気で出来たのに

最近は夜普通に寝続けることすらままならない。

 

どうせ寝られないならこの朝のさわやかな時間を有意義に過ごそうと起き出してこの記事を書いています。

早起きは三文の徳

そう早く起きるだけでいいことがあるのです

 

二束三文

「数が多くても値段が非常にやすいこと。」

 

つまり三文というのは大した価値はないということです。

 

そんなちょっとならいらんわ!

ゆっくり寝てみたいわ!

 

なんて事を考えているうちに眠くなってきました。

風邪が

 

治りません!

治らん!

ちぃーーーーーーーーっともよくならん!

 

齢35を過ぎると生活の端々に老化を感じます。

よく知られているところでは筋肉痛が2日後にやってくるだとか

記憶力が低下するだとか

 

回復力が低下するだとか

脂肪が落ちなくなるとか

お腹のお肉の付き方が変わる。

 

そんなわけないだろうと思っていました。

30歳くらいまでは年齢を言い訳にするんじゃねぇと思っていました。

 

35歳の現在

 

ぜぇーーーーーんぶ思い当たります。

綺麗に全て該当します。

35歳でここまで老化するとなると40歳くらいで植物と大差ない存在になるな。

 

そんな気がする今日この頃です