北海道胆振東部地震にあって思ったこと

 

深夜3時過ぎ

眠っていた私の体が突然大きく揺れた。

 

あまりの揺れの大きさにすぐに意識ははっきりとし、それが地震だということが瞬時に理解できた。

 

少し長めの大きな揺れ

納まってすぐテレビをつけた。

地震の後しばらくは電気がきていたがすぐにそれも途絶えた。

 

暗闇の中に繰り返される余震

 

徐々に大変な事が起こっているという実感が鮮明に意識に浮かび上がった。

一向に灯らない明かり。

 

不安の中朝陽がを待ちわびた。

 

我が家は水道、ガスは通っていたがそれも途絶えている地域があると知った。

食料を確保しなくては。

数件のコンビニを回ると電気がない中でも賢明にお店を開け、商品を売ってくれるお店がある。

 

既に長蛇の列ができていた。

 

私の前に並んでいた学生はお金をおろすことも出来ず、途方に暮れていたそうだ。

何とか食料を確保して家にもどる。

 

電気が途絶えた北海道は完全に機能が麻痺していた。

信号が止まり混乱する交通。

通信も途絶え、一時は携帯の電波も届かなくなった。

完全に孤立している。

現実を想像すると時々不安に襲われる。

 

しかし、そんな中でも沢山の人が賢明に働いている。

数時間の後、携帯の電波は復活した。

 

各ライフラインの関係機関の方々の努力が非常にありがたい。

 

それでも復旧しない電力

昨夜は明かりのない一夜を過ごし、今朝は冷水のシャワーを浴びた。

 

しかし、食べるものがあり、水がある。

寒さに震えることもうだるような暑さもない。

そして健康な体がある。

 

ありがたい。

 

 

そんな風に過ごしていると今朝7時30頃電気が戻った。

 

私はとても恵まれている。

そんな風に思った。

 

 

先日3.11についてのお話を聞き、困った人にさしのべられる手はどんどんさしのべよう。

そんな風に思っていた最中

本当にそんな事態がやってきてしまった。

 

お金、食料、電力。

分け与えられる物はなんでも分け与えよう

体力的に困っている人がいれば力を貸そう。

 

あらゆるものがなくなると人間の行動はシンプルになる

生きることに集中する。

余計な欲はなくなる。

みんなで共に生きようという純粋な思いが濃度を増す。

 

共にがんばろう。

そんな事を思っている。

 

 

情報を得ようとテレビをつけると

震源に近い地域の被災された方の姿が映し出される。

 

大きな災害が起こるといつも思うことがある。

 

何故「こんな可愛そうな思いをしている人がいます」を最も強調するのだろう

 

最も伝えなければならないのは心配する人に伝えるための被害の状況

今でき得る対応

必要な助け

そして、同じ思いをまた別の地域の人が繰り返さないように行う備え

 

こういったことではないのだろうか。

 

メディアの人も仕事であるから視聴者にうける感情に訴えた映像の作り方もしかたないのはわかる。

 

けれど経済活動の本質は人の為を思うこと

ならばやり方はもう少しあるのではないだろうか。

 

 

 

なんにせよ

今もまだライフラインが途絶えているみなさん

困っていることがあるみなさん。

私にできることはたかが知れているけれど、なんでも協力しようと思います。

みなさんも助け合いましょう。

少しでも余裕がある方は周りのご老人など困っている人に気持ちを向けてあげてください。

 

共にがんばりましょう。

人生の振り幅

 

私はいつものペースを崩すことが大嫌い

だから思い切って遠出をする時以外、あまりリズムを崩すような事はしない

 

毎朝同じ時間に起きて

会社に行き

だいたい同じ時間にまっすぐ家に帰って

同じ時間に寝る。

 

土日のお休みも

だいたい同じように趣味の時間を持ち

日曜日の夜にはお休みが終わってしまうと嘆き散らし

また月曜日を迎える。

 

人生という限られた時間を

イレギュラーが起こらないよう極力無難に過ごしていると言えよう。

 

そうすると、確かに予想外の悲劇というものはあまり起こらないが

当然振り幅が小さいので予想外の幸福もやってこない。

まぁ安定して幸せなので問題ない。

 

つまり非常に無難な人生。

普通

普通に変わったおじさんとして過ごしている。

 

誰が変わったおじさんか!

 

これを正解として人生を過ごせばこれはもうおおよそ大成功といえる。

ただ、沢山の事を知ることが人生の面白みだと言えば

私は今の所正しい生き方はしていない。

 

何が正解というのは自分が決めればいいので大した問題ではないが

 

そもそも唯一の正解みたいなものがあると思い込みすぎているんじゃないか

唯一の正解があるものなんて実はごく少数で多くの物に答えはない。

 

柔軟に楽しく過ごせば良いんじゃないかな。

 

スポンサーリンク

何かを成し遂げたいと思ったら

 

自分に何かやりがい事がある

そしてそれを既に実行に移している人がいる

相談するとしたら

 

「こういうことをしたいのだけれどどうしたらいいですか?」

それとも

「こういうことを始めたのですがどう思いますか?」

 

前者だと恐らく大成することはできない。

それどころか始めることすらできない。

 

本当にやりたいなら後者のようにまずは始めるだろう。

 

始める前に誰かに相談するということは

その人の助力を心の中で期待してしまっていたり

最初から成功している人と同じ規模の成功を目指している。

 

だからきっと始められない。

 

最初からうまく行っている状態を想定しているなら

そこにたどり着けない理由は驚くほど沢山見つかるだろう。

 

本当に何かを成し遂げるなら

それらを一つ一つ分解してクリアしていくしかない。

その結果として相談している相手のような形があるということを理解できなければ恐らく何も達成できないだろう。

 

最終目標を分解して考える。

 

これができるようになるといろいろな事に挑戦することのハードルがぐっとさがるのではないだろうか。

 

スポンサーリンク

 

逃げていることに気がつけなくてはならない

 

考えているつもりでも

実は考えるのが疲れるから無理矢理結論づけていることは沢山ある。

 

それは考え尽くしたつもりになっているだけで

実は逃げている。

思考停止。

 

何かを成し遂げようと思ったら

考え尽くすなんていうことは恐らくない。

 

どんどん煮詰めていけるはず

煮詰まったら薄めて味付けして

更に煮詰めることができるはず

 

こうして長年煮込んできたものが

秘伝のタレみたいになって

何かを成し遂げている。

 

そんなことじゃないだろうか

 

昨日ふとそんな事を思った。

 

疲れること

消耗することから逃げてはいけない。

逃げていることに気がつけなくてはならない。

 

本当に自分がやりたいことがあるのなら。

楽して簡単になんていう都合の良い方法はない。

 

がんばって秘伝のタレを作りだそう。

 

いや、別に究極のラーメンや料理が作りたいわけではない。

 

なりたい自分になろうという話

 

スポンサーリンク