江戸っ子

はいどうもおにっちです。

 

突然ですが江戸っ子宣言します!!

 

スポンサーリンク

 

なぜ急に江戸っ子?

 

そう思ますか?

 

私だって驚きですとも!!

 

ただ、これではあまりにも唐突過ぎるのでもう少し詳細に説明しましょうか。

 

 

話は遡ること15分前

 

電話対応をしながら全く別の作業をするおにっちくん

「ひゅ~さすが私!マルチタスクぅ~~しごとできる~~」と意気揚々

 

当然、調子に乗っています。

 

電話の会話も終盤にさしかかりおにっちのテンションはff(フォルテッシモだよFF外から失礼してないよ)

 

相手の確認に対して元気よく答えるおにっちくん

「へいっ!!」

 

「はい」と「へい」の中間くらいの発音じゃなく

思い切り

「へいっ!!」

 

あまりにはっきり言ったものだから、これまで完璧なビジネス電話をしていたお相手も確実に半笑いになっている。

 

いかん!!絶対笑われている!!!!

 

 

笑わせるのは大好きでも笑われるのは大っ嫌いなおにっちくん

 

まずい!

このままでは

「こいつ思いっきりかんだなwwwへいっwwwだってwwwだっさwww」

 

と思われたまま電話を切るハメになります。

 

屈辱!!!

恥辱!!!

末代までの恥!!!

 

東京ドーム三個分の高さを誇るおにっちのプライドが激しく傷つけられます!

 

私はとっさに頭をフル回転させました。

 

この状況を打破する奇跡の一手を探します。

 

そして…

 

さすが神童おにっちくん

 

最高の一手!まさに神の一手を思いついたのです!

 

「江戸っ子になりきればいいんだ!!!」

 

この瞬間からおにっちくんは生粋の江戸っ子です。

いや、もうこれは「えでっけ」くらいになってしまっているかもしれません。

 

その後の全ての会話に

「へいっ、へいっ、そうでありんすか!!へいっ!」

「てやんでぇ!あたぼうよ!!」

 

とお応えすることで相手を爆笑させることに成功しました。

 

こうしておにっちくんはそのナウマン象20頭ぶんの高さを誇る自尊心を死守することに成し遂げたのでした。

 

 

事務所に誰もいなくてよかった….

 

 

と取引先より身内に本性がばれたくないおにっちくんなのでした。

 

 

 

みなさん、寒くて乾燥するこの季節

江戸っ子化にご用心

強迫性障害その後

以前の記事(こちら)でお話ししましたが、私には強迫性障害という病気がありあます。

 

スポンサーリンク

 

強迫性障害とは

不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう精神疾患の一種です

 

・不潔恐怖

・確認行為(戸締まりなど)

・加害恐怖

・被害恐怖

・疾病恐怖

・縁起恐怖

・不完全恐怖

 

などなど様々なタイプの症状があります。

 

私の症状は確認行為。

戸締まりやガス、ストーブの消化など、何度確認しても安心できない。

疲れ果てるまで確認する。

といった症状がありました。

 

しかし、最初にご紹介した記事の方法で私は今ほとんど症状がでません。

 

症状が全く無くなることはないかも知れませんが、今は非常に落ち着いた生活が送れています。

 

 

同じ病気に苦しむ方に少しでも役立てたらいいな。

そう思ってこの記事を書いています。

 

やはり同じ苦しみを味わってみないと理解できない気持ちがあると思います。

 

みなさんの気持ちが少しでも安らいだらいいなと思います。

謎の行動

幼い頃。

今思えばどうしてそんなことをしたのだろう?

そんな不思議な行動を取ったことはありませんか?

 

スポンサーリンク

私のように36歳になった今でも奇行を繰り返す者としてはそんなエピソード大型ファームの牛くらい沢山あります。

そりゃモウ勘弁してってなくらい

 

え?気づいた?牛とモウ、かけてるの。

あんた天才だ!

 

まぁなんだ…..

そんなエピソードの中から一つ、選りすぐりのやつを披露しましょう。

 

我が家の近くには栗の木がありました。

 

秋になると立派な栗がなります。

 

子供にとってはイガグリをむいて中の栗の実をとりだすなんて、一大アミューズメントパークのように楽しいんですよ。

 

タワーオブテラーよりイガグリです。

 

えぇ嘘です。

 

 

ただ本当に栗拾いは楽しい。

 

 

私は友達と数を競うように拾い集めました。

 

ここまではまぁ普通の一コマです。

これを家に持って帰ってお母さんに料理してもらえば完璧です。

 

 

しかしここでイレギュラーが起こります。

 

私たちの収集癖が急に目覚めたのです。

 

家に持って帰ったら私たちの宝物が食われる!

はい、指の痛みと苦労が昇華していつのまにか我が子の様に栗が可愛くなったわけです。

 

 

こうなると家には持って帰れません。

 

隠す場所を探さなきゃ!

 

アホな子供の集まりが悩みます。

 

ここで何故かアホの内の1人が「私の家の畑に埋めて隠そう!畑に埋めれば私たちにしかわかりっこない」

 

内心私は「はっ?こいつはアホか。何故埋める。これは生きた栗だ。ペットのご遺体じゃねぇ」

と思いながら、当時この女の子(1つ年上)が大好きだった私は2秒で賛同して穴を掘り出しました。

 

そして一頻り穴を掘り、栗を埋め戻します。

 

これで完璧に隠せました。

 

そう、完璧過ぎたのです。

 

 

明くる日。

 

私たちアホは栗に対する興味など全くなくなってしまいました。

 

当然です。

拾うのが楽しかったんですから。

 

だったら食べればよかったのに。

 

アホの考えることはわからん。

 

 

と話はここで終わりません。

 

 

1年、いや2年後でしょうか?

 

その女の子宅の畑が騒がしい。

 

 

木、はえてきとった。

 

 

 

この木何の木栗の木。

 

そりゃそうです。

栗をうえたんですから。

 

見たこともない実どころかものすごーーーーく見覚えのある実がなるでしょう。

 

 

女の子はお父さんと木を根っこから掘り起こしています。

 

そりゃそうです。

庭の畑から栗の木はえたらたまりませんからね。

邪魔だし。

 

 

罪悪感を覚えたおにっち少年。

 

自ら名乗り出て木の始末をしたとさ。

 

 

なんで埋めたんだろう?

 

そして数年後、私自身が埋められるべき存在になりました。

 

 

そんなとこ。

突然イラストに目覚めた

どうもおにっちです

何をやってもさらっとそつなくこなすおにっちです

突き抜けられないおにっちです。

中途半端、、、、やかましいわいっ!

 

スポンサーリンク

 

昨日から急にイラストの才能に目覚めました。

 

きっかけはハロウィン

 

私だってもりあがりたい。

しかし36歳雄は街に繰り出してらんちき騒ぎするわけにはいきません。

 

 

そこで

 

はいかわいい!!!

適当に描いた割にはかわいい!

 

 

調子にのる36歳ゴミ

 

続いて

は、クオリティが下がってるじゃねぇか!!

 

 

そこで

あっ、これはMacbook Proが欲しいというおねだりでした

間違えた間違えた。

 

こっち!

 

はい、すこしクオリティがあがりましたね。

 

 

調子にのったおにっちくん

 

ハロウィンなどすっかり忘れてお絵かきかきかき

 

 

ノッてきました

 

ほら

 

人様のアイコンまで描いちゃったりします

 

んでもういっちょ

 

これでおわかりいただけただろうか?

 

私が何事もほんわり無難にこなせる男だということを

決して突抜はしない男だということを

 

 

だがしかし!

イラストは結構好きかもしれん

そこでだ

 

みんなでMacbook Pro買ってやってはいただけないだろうか??

 

ちなみに週末はギターで弾き語りを収録してこちらも編集する予定です

 

ほら、いるじゃない?Macbook Pro

 

ご支援の先はこちら https://polca.jp/projects/DSaNyDqaupU

 

 

さらにいるじゃない?活動資金

稼がにゃならないじゃない?でも仕事する時間と活動時間かぶらせられないから、じゃあお金に働いてもらいたいじゃない??

 

 

ご支援の先はこちら https://polca.jp/projects/MoYcIAa32Lr

 

そしてほら、義理堅い私のこと

いや、もう私自身が義理みたいなところあるじゃないですか?

 

やはりいただいたらお礼がいいたい。

ってことでこれ

 

はい、こちらまで https://polca.jp/projects/fReGbSnTwoI

 

 

で、だよ?かわいいおにっちにお小遣いをあげたくなっちゃった人とかいっぱいいるじゃない?

 

そんなあなた!

朗報です!!

 

これが宛先ね https://polca.jp/projects/pFbsaaF6fyA

 

 

ついでだから言っちゃうけれどこのサイトの維持費も助けてもらいたい

 

宛先はこちら https://polca.jp/projects/QcTVP3XDvCS

 

 

人間世界は本当にお金がかかるね。

雫の妖精には世知辛い!!

みなさんのご協力で雫の妖精を助けてあげてください。